我が家の妊娠と子宮筋腫

子宮筋腫と診断されて

もう10年以上も前のことになります。
30歳を超すと、勤務先より人間ドックを受診するように言わます。
そこで初めて人間ドックを受診したのですが、婦人科の検査で引っかかりました。
子宮筋腫があります。とのこと。

 

当時は結婚前でしたので、相当なショックでした。
子宮筋腫とは聞いたことはあるけれど、一体どんな病気なのかよくわからず怖い思いをしました。
再検査を受けようと、近所の婦人科で受診したのですが、幸いにも筋腫は小さく、手術する程度でもないと言われ安心しました。
妊娠・出産に影響のある場所ではないようでしたが、念のため今後は定期的に大きくなっていないかなどをチェックした方がよいということでした。
子宮内膜症でも妊娠あきらめないで

 

毎年の人間ドックで婦人科の検査がありますので、定期的に診断を受け続けましたが、特に大きくなっている様子はありませんでした。

 

そして、初めての診断から5年後、めでたく結婚→妊娠に漕ぎ着けたのです。
産科の先生に、子宮筋腫のことを相談しましたが、やはり小さくて特に問題ないと。

 

そして、1人目を出産してから初めて人間ドックを受診した時に、再度聞いてみたんです。
(私も相当にしつこいのですが)
「ないみたい」と先生の一言。出産を経て筋腫が消失することは、よくあることだそうです。
なんとなく長年の肩の荷が下りたというか、スッキリした気持ちでした。

間欠性跛行